ガガガクラークについて(2017年春版)

ガガガクラーク 


どーも、管理人のぴおです。すごく久しぶりの更新になりますが

リハビリも兼ねてガガガクラークについて書こうと思います。





・まずガガガクラークってそもそも何?

ガガガクラークとはアニメ「遊戯王ZEXAL」及び「遊戯王ZEXALⅡ」に登場した

モンスターカードで、記事トップにも載ってる白衣の女の子です。

アニメ登場後はOCG化され、我々現実のデュエリストも使用可能になりました。

この記事ではアニメ版、OCG版、そして当ブログ版の3種類のガガガクラークについて

記していきます。



・アニメ版

アニメでは遊戯王ZEXALに1回、ZEXALⅡに2回登場してます。

ZEXALⅡの方ではオープニングやエンディングにも映ってたりと

それなりに優遇されてます。何より主人公の使うカードというのもでかい。

しかし同じ主人公の使うカードには既にアイドル枠としてガガガガールが

存在していた上、ガガガガールより登場が大分遅れたこと、ガガガガールに既に

多数のファンが存在していたことにより結果的にガールよりは冷遇された形に…。


ガガガクラーク(召喚直後) 

↑初登場時。当時は次回予告の時点でかなり話題を呼んでました。

ちなみにアニメでのレアリティは字レア。召喚シーンも専用バンクが描かれる等

優遇されました。

ガガガクラーク(2回目) 

↑2回目の登場時。顔のアップの時の作画が何気に整ってるので僕は個人的にこの時のクラークが好きです。


クラーク(Gガン立ち) 

↑3回目の登場時。腕を組んでびしっとしてます。


ちなみに1回目がカイト戦、2回目がハートランド戦、3回目がナッシュ戦と実は

それなりに重要なデュエルで出てきてます。

アニメでの出番に関しては過去作品のアイドル枠であるカードエクスクルーダーより

出番が多く、パックパッケージにもなったオーディンやジャンクバーサーカー、ドラゴエクィテス

等よりも出番が多いのでガガガガールより冷遇されているとは言え

1体のモンスターとして考えるとかなり破格の扱いです。出すぎてないのもまた良し。

余談ですが毎回ガガガカイザーとセットで登場しており、3回ともランク4のエクシーズに

使われてます(どうせカイザー使うならもっと高ランク出せよ!と言いたくなるかもしれませんが

とりあえず禁句です)。

ガガガカイザーを意識して出されたキャラと考えていいのかもしれませんが実はガガガクラークが

登場するエンディングに何故かガガガカイザーは映ってないという珍事も。

「相方だといつ錯覚していた?」



・OCG版

ガガガクラーク 

記事のトップにも映ってましたがこちらがOCG版ガガガクラークになります。

コスモブレイザーに収録されレアリティはスーパーレア!

しかし当時のパックのスーレア封入率及びダイヤウルフ、千鳥、ブレスル等

強力過ぎる同期もいたためクラーク欲しい派とクラーク投げる派で真っ二つ

だったとかなんとか(僕は勿論前者。クラークのためにダイヤウルフも千鳥も投げました)。

苦労して手に入れたスーパーレアなんだからさぞかし強いんだろうと

思うと…実は何の考えもなしにガガガデッキに突っ込むと後に登場した

ガガガキッドの実質下位互換になってしまうという罠が…そして効果が

シンプル過ぎて逆に扱いが難しいというポジションに。

「じゃあ彼女はガガガキッドより弱いのか?」と聞かれると

「断じてそうではない」と僕はハッキリ言いきれます。

まずはガガガクラークはそもそも戦士族・地属性なので

ガガガマジシャン、ガガガガール等とは根本的に受けれるサポートの範囲が異なります。

戦士族です。(大事なので2回言います)

ガガガクラークを戦士族であることを知らないデュエリストが意外と多く、

魔法使いだと勘違いしてガガガキッドの下位互換と決めつける人もいるので

間違った情報には注意です。僕なりの解釈としては相互互換かそれ以上だと思います。

まず戦士族ということはアニメでもコンビだったガガガカイザーとシナジーします。

カイザーより前に登場したガガガガードナーも戦士族。

ガガガはそもそも魔法使いカテゴリーではなく戦士と魔法使いが混ざったカテゴリーなのです。

そしてガガガだけでなくドドド、ゴゴゴ、ズババもサーチできるオノマト連携というカードが

後に登場しますがこのオノマト連携でサーチできるガガガ以外のテーマは

「殆どが地属性・戦士族」であるというのが最大のポイントです。

オノマト連携は魔法使い軸のガガガに入れると種族・属性がシナジーしないカテゴリーの

闇鍋状態になりがちですが、ガガガクラークやカイザーを主体とする戦士軸なら話は別。

サポートの共有とシナジーの形成が可能となりデッキに深みと拡張性をもたらしてくれます。

そしてクラークが戦士族である最大の利点といえばやはり増援やトゥルース・リインフォースに

対応しているところでしょう。ガガガキッドにはない増援1枚の差はたかが一枚、されど一枚です。

遊戯王を長くやってる人なら「制限かかってない頃は回ったけど準制限になったら回りにくくなった」

という現象に遭遇した人もいるでしょう。サーチ1枚あるかどうかの差というのは非常に大きいのです。

オノマトのサーチ先であるドドドにはカイザーの除外効果と相性のいい高レベルが多めなのも

地味に大きなポイントです。

そして何より今年のこのタイミングで記事を書く最大の理由!!

それは…リンクモンスター「ミセス・レディエント」の登場が大きいです!

以下ミセス・レディエントの説明

獣族・リンク・効果

地属性モンスター×2

このカードがフィールド上に存在する限り地属性モンスターの攻撃力・守備力は

500ポイントアップし風属性モンスターの攻撃力・守備力は400ポイントダウンする。

このカードが戦闘・効果で破壊された場合、自分の墓地の地属性モンスターを

1体選択し、手札に加えることができる。

???「これが希望か…!!!」

地属性を素材とするためオノマトのサーチ先と合わせて速攻で出せる上に

やられても墓地からクラークやバスター、カイザー等を回収できる

リカバリー能力付き。地味にこいつがいるとガガガザムライやガガガガンマンの

突破力も上がる。おまけに素材のレベルを指定しない上に最新のリンク召喚のため

ガガガカイザーのデメリットガン無視できるので死に札が減りやすくなりました。

何よりオノマトのサーチ先にドドドやゴゴゴもいる関係上

「普通の魔法使い軸ガガガにクラークを入れる明確なメリットができた」ということになります。

クラーク自身の特殊召喚効果も相性が良く、ミセス・レディエントを出した後に

さらにエクシーズを展開することも難しくありません。

上記に述べた以外のガガガクラークのメリットとしては地味ですがガガガシスター共々

デブリラインである点、ドラゴエクィテスの融合素材になれる点等もあります。

他にもフェニックスブレードの回収効果のコストにもオノマトのサーチ先共々

使えるのでクライスブレードとも相性がよかったりします。

僕はガガガクラークを使ったデッキを4年以上使い続けていますが

本当に好きなカードには愛情を持ってたとえ強引であってもそのカードの持ち味を

最大まで引き出せるよう研究を重ねて吟味しています。この記事を読んでる方

(特に特定のカードが好きなファンデッカーの方)には愛情を持ってカードとともに

成長してもらいたいですね。

なんか綺麗にまとめようとしてますがガガガクラークは決して弱いカードではなく、

ガガガクラークを強いカードと認識できるほど研究してる人が少ないということです。はい。

時々手札にたくさんガガガクラークが集まって大事故起こすのもまた愛嬌。

アヘ顔ダブルクラーク





・当ブログ版(創作設定諸々注意!)



ガガガクラーク(2016) 

アナログガガガクラーク 


当ブログにおいては僕が描いたガガガクラーク、僕が盛り込んだ創作設定で当ブログ内を

元気に駆け回ってます。

(イラストはアナログ、デジタル両方描くが現在はリアルの都合でアナログのみ)


以下当ブログ内での設定等。

ガガガ学園高等部戦士科に通う高校2年生で年齢は17歳。

好きな食べ物はアップルパイ。成績優秀で運動神経もよく料理や裁縫もできる

まさに超人と呼べる存在だが部屋の片づけは苦手で自分の部屋には大量の本が

足の踏み場もないくらいに散らかっている。

性格は基本的には人当たりが良く元気で明るい女の子と言った感じだが

実は結構腹黒い。腹黒い。大事なこt(ry

ガガガ学園の生徒会書記となっているがカイザーやガードナーを言い包めて

実質パシリにしているような状態なのでガガガ学園の影の女王ともいわれている。

…が、他人を言い包めてるとはいえ別に本人に悪気はなく、他人に指示するときは

基本的に自分も一緒に手伝ったりするので要は「命令するだけじゃなく一緒に

現場で行動する指揮官タイプ」なだけだったりする。

彼女からの指示や要求が激務過ぎたりすることもあってか学園内では

ルックスの評判はいいが付き合いたいという男子は殆どいないようだ。

友人が勝手にミスハートランドコンテストに応募したため

ハートランドではそれなりの美少女として有名になった。ガガガガールも同様である。

彼女らで「それなり」ってどういうことだよ!と言いたくなるかもしれないが

ハートランドのモブのレベルの高さはZEXALを見て確認すべし。

可愛い子が多すぎて投票数がほぼ横並びになってしまうのだ。

運動神経がいいとあるが実はカナヅチで全然泳げない。

海やプールでも浅いところでゆったりする方が好きなようだ。

また、あくまでキャラ付けとしては腹黒いけどいい子という扱いだが

当ブログや某SNS、某イラストコミュニティ等においては大体

当ブログ管理人のおもちゃ状態となっている。

様々なコスプレが見れるぞ!

(水着、浴衣、侍、チャイナ服、サンタ、裸等)

ついでに顔芸もそれなりにする。

割と過去が悲惨という噂もあるがそれはまた後々別の記事にて語られるかも?

ちなみにアニメ版、OCG版より白衣が短い。

ガガガカイザーからは好意を抱かれており、実質彼女のストーカー状態だが、

本人は特に気にしておらず、むしろ「自分をストーキングすることで

ガガガ学園生徒会が円滑に回るなら問題ない」と割り切ってるようだ。

ちなみに彼女はカイザーには特に恋愛感情は抱いていない。

OCGやアニメの方は清楚や純粋と言ったイメージがあるかもしれないが

当ブログ版はそんなことなく、彼女も学校帰りにゲーセンに寄ったり

性に関する本も読んだことがある…らしい。

アニメ版、OCG版、そしてそれぞれのガガガクラーク好きの脳内版と

当ブログ版は完全に別物と割り切った方がいいだろう。








スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

ぴお

Author:ぴお
誕生日:10月6日

年齢:25歳(だろう)

趣味:お絵かき、遊戯王カード、PSO2等

基本的に能天気な楽天家です。
短気だったり偏屈な部分も多いです。

好きな食べ物は炒飯やオムライス、
好きな飲み物は葡萄関連のジュースです。
(ただし普段はお茶と水しか飲まない)

デッキに関してはどちらかと言えば
ファンデッキよりのものが多いです。
たまに殺傷力高いの作るけど。
基本大会に出ないフリーデュエル専門です。

ガガガクラークと面白いデッキをこよなく愛する
デュエリストです。
エグザや貴竜ちゃんも好きだよ!

けっこう子供っぽいです。

ちなみにこのブログはリンクフリーです。
相互リンクなどの申し込みなどは
コメントでお願いします。
大喜びでリンクさせていただきます。
ブロとも等も大歓迎なので
どうぞよろしくお願いします。

Pixivやツイッターでも活動してます。
声をかけていただければ返事いたします。

twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
このブログのLP
ブロとも一覧

【暇人がお送りするブログ(´・ω・`)】

T.K.Y.のドラグニチィ

REDの放課後日記

タイトルはそのうち決める

エンロハルバル。

木の下のアノ場所

決闘の開始を宣言する!

きちんとチキン

まにゅあるとらんすみっしょん

メテオ2号  セイクリッドデッキ使い

らりる日和

ぼっちの遊戯王日記

ももの缶詰

宮廷アリス

お父さんだってデュエルしたい!

まさしく華麗なる駄文

大人げない大学院生の遊戯王日記

一札入魂!

ゆうぎおうびより

☆ぞえりんサンクチュアリ☆
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR