FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガガガクラークを語ろう(OCG版編)※2018年3月版

ガガガクラーク 

今回は以前にも語ったガガガクラークを語ります。

しかし、前回アニメ版の方を語ったので今回は

OCG版…つまりリアルでのカードゲームとしての

ガガガクラークについて語ります。

記事タイトルに年月日が書いてあるのは僕が定期的に語る時に

その時ガガガクラークの強み弱みが大きく変化するからです。

アニメ版とぴお版については別記事にて。


・OCGのガガガクラークって他と何が違うの?

なんでわざわざアニメ版やぴお版と分けて書く必要があるのか?

それは単に「別物」だからです。

具体的にどう違うんだよと思う方に説明すると、

アニメ版の記事でも触れましたが、アニメとOCGではまず

効果が違います。

アニメ版の効果は以下の通り。

自分フィールド上に「ガガガ」と名のついたモンスターが存在する場合

このカードは手札から特殊召喚できる。


そしてOCG版は以下の通りです。

自分フィールド上に「ガガガクラーク」以外の「ガガガ」モンスターが存在する場合

このカードは手札から特殊召喚できる。


おわかりいただけただろうか?

実はガガガクラークは9月にアニメに登場し、2か月の時を経てOCG化する際、

何故か弱体化しているのだ。

その謎過ぎる弱体化にガガガクラーク好きは嘆いたとかなんとか。


ふざけんな! 


さて、せっかくなので他のOCGクラークについても語っておくと、

日本版と海外版でガガガクラークはイラストが異なります。

海外でカード化される際、遊戯王のモンスターは時折よくわからない理由

イラストが規制されたりします。

よくある理由は宗教上の理由であり、これは

死者蘇生が有名でしょう。

死者蘇生 死者蘇生(米)

↑パッと見何のカードか判別が難しい海外版。

昔売られてた英語版のストラクを買った時僕も

「なんだこのカード?」と思ったものです。

当時小学生だったので無理もないですが今なら英単語で

絵違いでも割となんとなくはわかったりします。

宗教上の関係で上げると悪魔関連はやたら規制されるので

海外のレッサー・デーモンはすごく見た目がしょぼいです。

レッサーデーモン(日米) 

↑もはや別のモンスターである。カ〇リキーか何か?


他に理由付けされるのはグロ規制等表現上の理由です。

血の代償辺りが有名でしょうか。

血の代償(日米) 

↑もはや別物。これも蘇生同様子供の頃僕はわかりませんでした。


さて、他に理由付けされるのは性的表現の規制です。

基本的には女性モンスターの胸のボリュームが減らされることが多いです

このせいで「海外は貧乳好き」と言われたりもします。

まあこれだけならわからないこともないですが、

本当によくわからない表現規制に巨影虚栄の規制があります。

巨影虚栄(日米) 

何故か位置をずらされるベヒーモス

ハッキリした理由はわかりませんが

ベヒーモスがしゃぶってるように見える」説が濃厚です。

海外深読みしすぎ!!!!!

むしろ規制されたせいで日版がそうにしか見えなくなるという

悪循環を生んでる
ような気もしますがそれは…。


さて、話は戻してガガガクラークですが、

日版ではご存知ミニスカ白ニーソという眩しい絶対領域の持ち主です。

では海外版はどうでしょう?見てみましょう。

ガガガクラーク(米) 

海外版では白ニーソではなく白タイツになってます。

海外ではどうやら絶対領域は性表現上の規制に引っかかるようですね。

しかし白タイツは白タイツでまた違ったエロスがあるので、

どこの国でもガガガ学園の男子生徒はさぞかし目の毒でしょう。

ちなみに同じくガガガ学園の人気キャラであるガガガガールは、

海外版だとスカートが長くなってます。シクレアがあるのは

いいのですが個人的にはガガガガールと言えばあのミニスカという

イメージもあるのでちょっぴり残念。

また、余談ですが海外全てで白タイツというわけではなく、

中国版は何故か日本と同じ白ニーソ仕様です。


そして中国版はガガガクラークのシークレットレアが存在するとか。

ちなみに僕は日本ガガガクラーク専門なので海外のクラークは

ツイッターのフォロワーのクラリストに任せてますが。

※クラリスト:ガガガクラークリストの略。クラークを愛する者の略称であり敬称。



・実戦におけるガガガクラーク


さて、ここまではガガガクラークの効果とイラストについて語りましたが、

実際ガガガクラークって強いの?と思う方もいるでしょう。

ガガガクラークを使い続けて5年経つ僕の意見としては、

「強いことは強い。でも単体だと弱い」

これに尽きます。まず、ガガガクラークはぱっと見のテキストを読むと

なんとなく感じると思うことでしょう「あまり強くないんじゃないか?」と。

しかし、テキストやステータスだけで強さが決まらないのが遊戯王という

カードゲームの恐ろしいところ。


たとえば明らかにステータスが上で効果も正直大差ない

「フォトン・スラッシャー」と「ジャンク・フォワード」では

何故かジャンク・フォワードの方が採用率が高いです。


フォトン・スラッシャー ジャンク・フォワード

↑一見フォトン・スラッシャーの方が強そうに見えるが…?

ジャンク・フォワードの採用率が高い理由として、

「地属性故にリンク素材としての幅が広い」、「ランク3になれる」

等があります。これらは他のリンクやエクシーズのカードプールの問題であり、

ジャンク・フォワード単体のパワーが出した結果とは少し異なります。

そう、遊戯王はパッと見ただけではそのカードの真価が

非常にわかりにくいのです。


大会とかで結果を残してるレシピを見ても「なんでこれ入ってるんだ?」

と気になることもあるでしょう。そういう時はエクストラや他のデッキパーツを見て

判断すると良いでしょう。

勿論ガガガクラークにも同様のことが言えます。

ガガガクラークにおいてはステータス、効果共に上位互換の

ガガガキッドがいますが…


ガガガキッド 

ガガガキッドは魔法使い族・闇属性であり、ガガガクラークは地属性・戦士族のため

上記で述べてる通り素材としての使い道が異なるためどっちが上とは一概に

言えなかったりします。



他にもガガガクラークに似た特殊召喚効果を持つモンスターとして

真六武衆-キザンやバックアップ・セクレタリー等がいますが、

これらもカテゴリーが違ったり素材になれる範囲が違うので

どれが一番強いか?というのは正直ありません。あえて言うなら

各々が一番使っててしっくり来るカードでしょう。


また、ガガガクラークは10期に入ってその種族・属性の

恩恵を受けており、リンク素材として非常に優秀なカードになりました。


ミセス・レディエント イゾルデ

↑4月にはミセス・レディエント、11月にはイゾルデが登場したことで

大幅にガガガクラークは強くなったと言えます。

何より、「オノマト連携のサーチ先には地属性と戦士族が多い」ため

これはパッと見以上の超強化だったりします。また、ガガガデッキ特有の

レベル変動効果を無効にされた場合レベル関係なしにリンク素材として

活用できる
ため実はガガガデッキ自体は9期より強くなってます

(元々エクシーズをたくさん並べるデッキでもなかったですしね)

ミセスは破壊されれば墓地のクラークを回収して返しのターンの展開に

役立ちますし、イゾルデのリクルート効果も低レベルであるガガガクラークと

噛み合いが良いです。コナミのやつそこまで考えて…!ないです。



・まとめ

ガガガクラークについていろいろ語ってきましたが、

ガガガクラークは「単体でのパワーは低いが他のカードとの連携により真価を発揮する

タイプのカードであり、特殊召喚の容易さと恵まれた種族・属性サポートを受けれる

使えば使うほど深みが出るカードであり「パッと見より遥かに使いやすいカード」です。

ただし、ガガガというカテゴリーの癖の強さや単体性能の低いところもまた事実であり、

人のデッキを真似しても強さが理解しづらいカードだと思います。

ガガガクラークを5年以上使い続けてる僕だから言いますが

素人にはオススメし難い玄人向けカードです

上手く使いこなすには本当に長期間使い続ける鉄の意志と深い愛情、

そして相当の覚悟が必要になります。


勿論他のカードでもそうですが、そのカードを好きであるというのは

非常に重要であり、好きなカードを使う時は改めて初心に帰って

強いとか弱いとかを忘れて純粋に「どう上手く使うか?どう使えば勝てるか?」

それを追求する必要があります。

別にアニメと違って負けたら死ぬってわけでもないので

「デュエルを楽しむ」気持ちを忘れずに向き合うのが大事
だと思います。

最後になりますが、僕がガガガクラークをここまで持ち上げるのは勿論

「大好きだから」というのもありますが、使い続けてきたことで

大会に名を連ねるテーマデッキと対等に戦えるくらいに使いこなせるようになったこと、

「好きで使ってるデッキでデュエルを楽しめること、勝てることの喜び」

実感してるというのがあります。

当ブログを閲覧されてる読者の方には好きなカード、好きなデッキには

正直な気持ちを持っていただきたいと思う所存です。










スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

ぴお

Author:ぴお
誕生日:10月6日

年齢:26歳

趣味:ドラゴンボール、お絵かき、遊戯王カード、ポケモン等

基本的に能天気な楽天家です。
短気だったり偏屈な部分も多いです。

デッキに関してはどちらかと言えば
ファンデッキよりのものが多いです。
たまに殺傷力高いの作るけど。
基本大会に出ないフリーデュエル専門です。

ガガガクラークとガスタをこよなく愛する
デュエリストです。
エグザや貴竜ちゃんも好きだよ!

けっこう子供っぽいです。

ちなみにこのブログはリンクフリーです。
相互リンクなどの申し込みなどは
コメントでお願いします。
大喜びでリンクさせていただきます。
ブロとも等も大歓迎なので
どうぞよろしくお願いします。

Pixivやツイッターでも活動してます。
声をかけていただければ返事いたします。

twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
このブログのLP
ブロとも一覧

【暇人がお送りするブログ(´・ω・`)】

T.K.Y.のドラグニチィ

REDの放課後日記

タイトルはそのうち決める

エンロハルバル。

木の下のアノ場所

決闘の開始を宣言する!

きちんとチキン

まにゅあるとらんすみっしょん

メテオ2号  セイクリッドデッキ使い

らりる日和

ぼっちの遊戯王日記

ももの缶詰

宮廷アリス

お父さんだってデュエルしたい!

まさしく華麗なる駄文

大人げない大学院生の遊戯王日記

一札入魂!

☆ぞえりんサンクチュアリ☆
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。